遺骨返還訴訟について

日高地方のアイヌグループ「コタンの会」は、2017年10月19日、札幌地方裁判所にあてて、新ひだか町・浦河町の旧墓地から持ち去られたままになっているアイヌの遺骨を返還するよう、北海道大学に求める訴訟を起こしました。合わせて、遺骨が持ち出された地元・新ひだか町(旧静内町)に対して、改葬義務の確認を求める訴訟を提起しました。詳しくはこちら。

写真は同日午後、札幌弁護士会館で開かれたコタンの会の記者会見の様子。右から原島則夫さん、清水裕二さん(代表)、小川隆吉さん、神谷広道さん、山崎良雄さん(副代表)、葛野次雄さん(同)、原告代理人の市川守弘弁護士ら。

アイヌ遺骨返還訴訟先祖の墓地を「発掘」され、遺骨を持ち去られたままになっている浦河町杵臼コタン出身の城野口ユリさん、小川隆吉さんら計3人の遺族は2012年9月14日、北海道大学に遺骨の返還と1人当たり300万円の慰謝料支払いを求めて、札幌地方裁判所に提訴しました。

また2014年1月、畠山敏さんがモベツコタン(北海道紋別市)由来の遺骨4体の返還などを求めて、北海道大学を提訴しました。

さらに2014年5月27日、浦幌アイヌ協会(差間正樹会長、17人)が遺骨64体の返還などを求めて、北海道大学を提訴しました。

2016年3月25日、3地域の訴訟のうち浦河から持ち去られた遺骨について和解が成立しました。

2016年11月25日、3地域の訴訟のうち紋別市内から持ち去られた遺骨について和解が成立しました。

2017年3月22日、3地域の訴訟のうち、浦幌アイヌ協会と北海道大学との間で和解が成立し、遺骨と副葬品の返還が決まりました。


2016年7月15-17日、北海道大学医学部のアイヌ納骨堂(札幌)から、12箱分の遺骨が約85年ぶりに故郷・北海道浦河町杵臼コタンに帰還しました。

2017年8月19-20日、北海道大学医学部のアイヌ納骨堂(札幌)から、82箱分の遺骨が83年ぶりに故郷・北海道浦幌町に帰還しました。

2017年9月16-17日、北海道大学医学部のアイヌ納骨堂(札幌)から、4体の遺骨が約76年ぶりに故郷・北海道紋別市に帰還しました。


北大開示文書所研究会は、原告のみなさんを支援しています。

訴状(抜粋)(pdf、725KB) 2012年9月14日
第1回口頭弁論における城野口ユリさんの意見陳述書(全文) 2012年11月30日
アイヌ遺骨返還請求訴訟ニューズレターNo.01 (pdf、744KB) 2013年1月25日
第2回口頭弁論における市川守弘弁護士の意見陳述要旨 2013年2月8日
遺骨返還訴訟傍聴記(1)藤野知明 2013年2月11日
第3回口頭弁論における小川隆吉さんの意見陳述書(全文) 2013年4月19日
アイヌ遺骨返還請求訴訟ニューズレターNo.02 (pdf、687KB) 2013年4月19日
第4回口頭弁論で上映された「浦河町杵臼のアイヌ墓地を訪ねる 2011年8月25日」(6分34秒)抄録(pdf、1.3MB) 2013年6月14日
アイヌ遺骨返還請求訴訟ニューズレターNo.03 (pdf、389KB) 2013年6月14日
第5回口頭弁論 原告「第2準備書面」(pdf、343KB) 2013年8月26日
第5回口頭弁論 原告「第3準備書面」(pdf、252KB) 2013年8月26日
アイヌ遺骨返還請求訴訟ニューズレターNo.04 (pdf、1.3MB) 2013年8月30日
アイヌ遺骨返還請求訴訟ニューズレターNo.05 (pdf、599KB) 2013年11月8日
アイヌ遺骨返還請求訴訟ニューズレターNo.06 (pdf、1.2MB)
畠山敏さんの訴状(抜粋)を収録!
2014年1月31日
アイヌ遺骨返還請求訴訟ニューズレターNo.07 (pdf、1.1MB) 2014年4月4日
第8回口頭弁論における畠山敏さんの意見陳述書 2014年4月4日
原告「求釈明」2014年3月27日付け(pdf、58KB) 2014年3月27日
アイヌ遺骨返還請求訴訟ニューズレターNo.08 (pdf、697KB) 2014年5月30日
第5準備書面の要旨の説明(総有という考え方に基づく遺骨の返還請求権について)(pdf、177KB) 2014年5月30日
アイヌ遺骨返還請求訴訟ニューズレターNo.09 (pdf、1.1MB)
榎森進さん「「国連宣言」で謳われている先住民族の諸権利を無視した政府のアイヌ民族政策」/政府「アイヌ遺骨返還ガイドライン」をメッタ斬り!
2014年7月19日
「浦幌から持ち出した骨は浦幌に返してください」/2014年8月1日、札幌地裁口頭弁論での差間正樹さんの陳述書 2014年8月1日
アイヌ遺骨返還請求訴訟ニューズレターNo.10 (pdf、558KB)
浦幌アイヌ協会・差間正樹会長「原告の陳述書」/殿平善彦さん「出前講座・アイヌの遺骨はアイヌのもとへin紋別開会のごあいさつ」/植木哲也さん「遺骨「返還」ガイドラインの同化思想」
2014年8月31日
アイヌ遺骨返還請求訴訟ニューズレターNo.11(pdf、1.6MB)
はやわかり!アイヌ遺骨返還訴訟/原告の声を聞こう/北村肇・週刊金曜日発行人「出前講座・アイヌの遺骨はアイヌのもとへin東京への協賛メッセージ」/新しいタペストリーができました
2015年1月30日
アイヌ遺骨返還請求訴訟ニューズレターNo12.(1.2MB)
城野口ユリフチの遺した言葉から/清水裕二さん「お別れのことば」/殿平善彦さん「城野口ユリフチの遺志を継ぐ」/北海道大学自身による「静内共同墓地発掘」事件の経緯/開催決定!東京出前講座パート2のご案内
2015年7月18日
和解条項(浦河町杵臼) 2016年3月25日
アイヌ遺骨返還請求訴訟ニューズレターNo.13(919KB)
85年ぶりの帰還・12人の遺骨が杵臼コタンへ/小川隆吉さんの話/山崎良雄さんの話/差間正樹さんの話/和解条項/殿平善彦さん「エカシ・フチの遺骨をコタンに還すのは日本社会の責任です」/清水裕二さん「尊厳あるイチャルパ(慰霊)を実現させるために」/ほか
2016年4月17日
アイヌ遺骨返還請求訴訟ニューズレターNo.14(631KB)
みなさん、おかえりなさい(グラフ)/清水裕二さん「創造的な再埋葬を」/殿平善彦さん「たくさんの方々と一緒に、思いを集めて」/榎森進さん「アイヌ民族が自らの要求を初めて勝ち取った」/植木哲也さん「「学問の自由」の本来の姿」/市川守弘さん「「先住民族としての権利」をコタン再生によって勝ち取った」/ほか
2016年7月30日
和解条項(紋別) 2016年11月25日
和解後の原告記者会見(紋別アイヌ協会会長・畠山敏さん、市川守弘弁護士) 2016年11月25日
アイヌ遺骨返還請求訴訟ニューズレターNo.15(500KB)
遺骨返還は、まぎれもなく主権の行使です(C.ウィルキンソン教授講演録)
2016年11月25日
浦幌事件和解後の原告記者会見(浦幌アイヌ協会会長・差間正樹さん、市川守弘弁護士、コタンの会副代表・葛野次雄さん、コタンの会顧問・小川隆吉さん) 2017年3月22日