シンポジウム
さまよえる遺骨たち Part3
先住民への遺骨返還はセカイの流れだ。

終了しました。ご参集くださったみなさま、どうもありがとうございました。


YouTube北大開示文書研究会当日の模様をYouTubeでご視聴ください。

下記ハイライトをクリックすると、当日配付資料の該当ページ(PDF)が開きます。

2013年4月20日
シンポジウム
さまよえる遺骨たち Part3小田博志「ドイツにおける遺骨返還の状況 倫理にかなった遺骨返還とは」

資料「ナミビアへの遺骨返還式典におけるシャリテ・ベルリン医科大学理事長アインホイプル教授の挨拶(2011年9月30日)」

資料「シャリテ・ベルリン医科大学遺骨調査結果要旨」

市川守弘「アメリカにおける遺骨返還を巡る問題」

植木哲也「英国の遺骨返還状況」

資料「日本政府はアイヌ民族の遺骨をどうしようとしているのか アイヌ政策推進会議第10回「アイヌ政策推進作業部会」(2013年2月22日)の議事録から」

北大開示文書研究会「北大新報告書を読み解く 『北海道大学医学部アイヌ人骨収蔵経緯に関する調査報告書(2013年3月)解題」


当日の配布資料(一括ダウンロード) PDF、1.4MB


「北海道大学医学部アイヌ人骨収蔵経緯に関する調査報告書」に関する抗議と要請


2013年4月20日(土曜日)
13:15〜15:45
札幌市教育文化会館 地図
入場無料 ※資料を有料でお分けします。

報告1 小田博志さん(北海道大学大学院文学研究科准教授)「ドイツにおける遺骨返還の状況」

報告2 植木哲也さん(苫小牧駒澤大学国際文化学部教授)「イギリスの状況」

報告3 市川守弘さん(弁護士)「アメリカの状況」


【主催】北大開示文書研究会
【後援】少数民族懇談会、日本キリスト教団北海教区アイヌ民族情報センター、平和・人権と民主主義を守る民衆史掘りおこし北海道連絡会、強制連行・強制労働犠牲者を考える北海道フォーラム、さっぽろ自由学校「遊」


シンポジウム「さまよえる遺骨たち」(2011年6月10日)のようす

シンポジウム「さまよえる遺骨たち2」(2012年9月14日)のようす