シンポジウム さまよえる遺骨たち 2011年6月10日

 

 

【挨 拶】清水裕二・北大開示文書研究会共同代表 シンポジウム開催までの経緯
【報告1】小川隆吉(アイヌ長老会議)「私が北大に文書開示請求した理由」
【報告2】城野口ユリ(浦河文化保存会、少数民族懇談会)「暴かれたお墓の真実」
【講 演】植木哲也(苫小牧駒澤大学)「なぜ遺骨問題なのか―歴史的背景」
【討 論】「さまよえる遺骨たち」(コーディネーター:殿平善彦)


配付資料「さまよえる遺骨たち アイヌ墓地発掘の現在」 PDF 10.13MB

日本政府への要請文

北海道大学への要請文



【日 時】 2011年6月10日(金) 18:30〜21:00
【会 場】 札幌エルプラザ中研修室
      札幌市北区北8条西3丁目 Tel:011-728-1222(代表)
【参加料】 無料
【主 催】 北大開示文書研究会(共同代表:清水裕二、殿平善彦)
【後 援】 少数民族懇談会
      強制連行・強制労働犠牲者を考える北海道フォーラム
      さっぽろ自由学校「遊」