日弁連人権擁護委員会への人権救済申立書(2015年1月30日)

日弁連人権擁護委員会への人権救済申立書(2015年1月30日)

相手方

内閣総理大臣 安倍晋三
内閣官房長官 菅義偉
国土交通大臣 太田昭宏

送達先

法務大臣 上川陽子

2015年1月30日

日本弁護士連合会人権擁護委員会  御中

                  申立人代理人
                  弁護士   市  川  守  弘
                  弁護士   毛  利    節
                  弁護士   難  波  徹  基
                  弁護士   今  橋    直
                  弁護士   皆  川  洋  美

人権救済の趣旨

 相手方らは、全国の大学等に保管されている別紙記載のアイヌ遺骨1,636体及び515箱に箱詰めにされているアイヌの人骨について、北海道白老郡白老町に計画している「象徴空間」に集約してはならない

との人権救済を求める。


全文をダウンロード(pdf、263kb)

写真は2015年1月30日、申し立て後に東京都内で開かれた記者会見の様子。撮影・市川利美(北大開示文書研究会)。