出前講座講座のご案内

アイヌ舞踊とコタンを考える集いアイヌ・サケを獲る権利をとりもどすために
アイヌ舞踊とコタンを考える集い

日時 2017年7月22日(土)13:30〜16:30
会場 帯広市保健福祉センター(帯広市東8条南13丁目1番地)
入場無料(資料を500円でお分けします)
主催 市民フォーラム十勝 電話0155ー31ー6037(高倉)
後援 帯広市教育委員会


プログラム

  13:30 開会のごあいさつ
第1部 13:35 『85年ぶりの帰還』上映
  13:50 講演1「そこにあるアイヌ先住権」
    講師 市川守弘さん
    1954年生まれ。88年、札幌弁護士会登録。アイヌ遺骨返還請求訴訟原告代理人。著書に『アイヌの遺骨はコタンの土へ』(共著、緑風出版)など。
  14:50 休憩
  15:00 講演2「お帰りなさい、先祖の骨たち〜十勝川に生きるアイヌとして」
    講師 差間正樹さん
    1950年生まれ。浦幌アイヌ協会会長、浦幌町議会議員。アイヌ遺骨返還請求訴訟原告。共著書に『アイヌの遺骨はコタンの土へ』(緑風出版)。
  15:30 質問タイム
  15:50 休憩
第2部 16:00 アイヌ古式舞踊/帯広カムイトウウポポ保存会
    1 ウタリオプンパレワ(輪踊り)
2 ムックリ(口琴演奏)
3 フミウス(採集農耕の踊り)
4 バッタキウポポ(バッタの踊り)
5 ク リムセ(弓の踊り)
6 ポロリムセ(輪踊り)
    帯広カムイトウウポポ保存会
    1950年代、伏古コタンのお年寄りたちが「十勝アイヌウポポ愛好会」として活動を開始。64年に「帯広カムイトウウポポ保存会」と改称した。帯広市文化奨励賞受賞(71年)、帯広市文化財第3号(82年)、国の重要無形民俗文化財(83年)。

北大開示文書研究会は、活動の一環として、広くこの問題についてお伝えするべく、各地で「出前講座」を開いております。開催を希望されるかたはお気軽にご相談ください。