痛みのペンリウク 囚われのアイヌ人骨 

土橋芳美・著

痛みのペンリウク 囚われのアイヌ人骨あるときからペンリウクさんの声が聞こえるようになった。

いや囚われのアイヌ人骨の多くから声をかけられた気がしたのである。そう気づいた私は涙とともにペンを持ち、この時代、この場に居合わせた者としての思いと証言を残すべきだと考えた。(あとがきより)


この長編叙事詩「痛みのペンリウク 囚われのアイヌ人骨」は、アイヌ史上の過去から現在にいたる深刻な出来事の語り伝えとして、またアイヌ文学史上における叙事詩として、特別な意義を持つ作品です。花崎皋平 (序文より)


『痛みのペンリウク 囚われのアイヌ人骨』
土橋芳美著 2017年3月10日
草風館 定価926円+税