小川隆吉さん

小川隆吉「私が資料開示を請求したのは、研究の名の下に行なわれたアイヌ民族に対する差別を明らかにするため」

清水裕二さn

清水裕二「背景には、研究者による強烈なアイヌ差別観があったと思う」

差間正樹さん

差間正樹「私たちの先祖に対して、学者たちはいまだに単なる実験材料としか思っていないんじゃないか」

殿平善彦さん

殿平善彦「この問題を放置したままでは、ともに未来を開いていくことなどできない」

ドキュメンタリー「八十五年ぶりの帰還/アイヌ遺骨 杵臼コタンへ」
2017年12月2日販売開始!

1931年(昭6)、形質人類学の研究目的で北海道大学医学部の研究者が浦河町、杵臼共同墓地からアイヌの遺骨を持ち去った。2012年(平24)、アイヌのエカシとフチが持ち去られた先祖の遺骨について話し合うため、北海道大学の総長に面会を求めたが...アイヌとして生き、一度はコタンの地に眠った12人の祖先の遺骨を取りもどし、新たにクワを立て、アイヌプリで再び埋葬するまでのドキュメンタリーである。(藤野知明監督作品、北大開示文書研究会・コタン会製作)

出前講座「奪われたアイヌ遺骨/その研究の過去と現在/東京大学・札幌医科大学のケース」NEW! 出前講座「奪われたアイヌ遺骨/その研究の過去と現在/東京大学・札幌医科大学のケース」は2018年2月16日、札幌市教育文化会館で開催。入場は無料です。

NEW! 会報最新号を公開しました。

日高地方のアイヌグループ「コタンの会」は、2017年10月19日、札幌地方裁判所にあてて、新ひだか町・浦河町の旧墓地から持ち去られたままになっているアイヌの遺骨を返還するよう、北海道大学に求める訴訟を起こしました。詳しくはコタンの会のサイトをどうぞ。

2017年5月16日、アイヌ人骨研究利用に関して、札幌医科大学に質問書を届けました。

土橋芳美さん著『痛みのペンリウク 囚われのアイヌ人骨』(草風館)のご紹介。

待望のリニュアル! 植木哲也さん著『新版 学問の暴力 アイヌ墓地はなぜあばかれたか』(春風社)が刊行されました。

アイヌの遺骨はコタンの土へ簡易ブックレット「先住民族の権利に関する国際連合宣言」をご利用ください。フリーダウンロード

北大開示文書研究会編著「アイヌの遺骨はコタンの土へ」(緑風出版、2400円+税)を発行しました。

北海道大学「北海道大学医学部アイヌ人骨収蔵経緯に関する調査報告書」(2013年3月)ダウンロードはこちらから。PDF、11.1MB

北大開示文書研究会のサイトへようこそ

 北海道(日本の近代)には、かねて「アイヌ墓地発掘問題」が存在することをご存知でありましょう。明治時代より戦後に至るまで、北海道はもとより、樺太、千島においても、人骨の発掘と収集が行なわれてきました。その多くは北海道大学医学部の主導で行なわれました。1000体余りの御遺骨は、長く北大医学部に保存されてきましたが、アイヌやアイヌ協会などの抗議や要請があって、北大構内に「アイヌ納骨堂」が建立され、収蔵されております。
 しかし発掘をめぐる経緯や真相が明らかにされたとは言えない状況にあります。遺骨の今後をどうするのかも問題があると言わねばなりません。また、発掘に伴い多くの副葬品が出土したはずですが、その多くの行方が分からなくなっているようです。
 アイヌ民族の小川隆吉さんは、北海道大学に「アイヌ墓地発掘問題」に関わる文書の開示を求め、交渉を続けてきました。アイヌ人骨・副葬品問題の今日の状況をみなさまにお伝えし、ともにお考えいただきたく、このサイトを開設します。

2011年12月18日 北大開示文書研究会

アイヌ遺骨返還訴訟は和解し、コタンの会(浦河町杵臼)・紋別アイヌ協会・浦幌アイヌ協会への遺骨返還がそれぞれ実現しました。温かいご支援をありがとうございました。

アイヌ遺骨返還訴訟

しかし全国の大学にはまだ計2000体近い遺骨が保管されているとみられ、裁判で返還が実現したのはこのうち10%未満に過ぎません。

アイヌ遺骨返還訴訟原告へのご支援は、北大開示文書研究会が窓口を開いています。

ゆうちょ銀行振替
02790−1−101119


文書研ニューズレター